キーワード広告

「キーワード広告」とは、検索されるキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示できるサービスです。キーワード広告を活用するためのワザを解説していきます。

まずは利用するキーワード広告のサービス選びからはじめましょう。現在、日本国内のキーワード広告は、Googleが提供する「AdWords」(アドワーズ)とyahoo!japanが提供するyahoo!リスティングの2つでシェアのほとんどを占めています。AdWordsはGoogleの検索結果に連動した広告を扱い、yahoo!リスティングはYahoo!JAPANの検索結果に連動した広告を扱っています。SEO対策を始める前にこういったキーワード広告をテストマーケティングとしてやるのがいいです。

初心者はyahoo!リスティングのスポンサードサーチからはじめよう

AdWordsとスポンサードサーチはどちらもかなりのシェアを占めており、ともに扱いやすいサービスを提供しているので、どちらを利用するか迷うところです。もし法人で本格的にキーワード、広告を使った戦略を立てたいのなら、コンサルタントに依頼するなどして、両方のサービスにしっかりと注力して使いこなすといいでしょう。ここでは個人の利用者の立場で、その選択基準を考えてみます。

基準はおおまかにいって4つあります。競合する広告主と広告対象の傾向、各サービスが提携しているサイトの数と種類、広告費用、掲載までの期間です。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る