検索順位の操作

  • 2020-2-3
  • 検索順位の操作 はコメントを受け付けていません

世界的にも検索エンジンを展開する企業は、インターネット検索の結果を操つられてしまわないためにも、その管理には費用をかけ、きちんとした対策を準備していると考えられるでしょう。これは、近年増えているSEO対策を専門とする会社によって、手段を選ばないと言った操作を阻止するためとも言えるでしょう。このような不正のような行為が発見された場合、その不正を行っていると推測されるサイトへ罰則が与えられるよう設定されていると考えられています。罰則の内容としては、サイトがインデックスされなかったり、評価が著しく低下したりと言ったことが挙げられるでしょう。こういったことから、どれだけSEOを視野に入れて対策を打っている会社であっても、ルール違反をしてしまった場合、サイト作り自体が失敗とも言えるのではないでしょうか。検索エンジンが重視していると考えられるのは、第一にクオリティであると言えるのではないでしょうか。クオリティが低いサイトというのは、とにかくユーザーの目的を後回しにし、自社サイトが上位に表示されるためだけに作られた不正の塊と言っても過言ではないような情報のないサイトと言えるでしょう。無理に上位表示させるよう細工するというのは、クオリティを語る価値もないようなサイトである証拠とも言えるでしょう。世界でも有名なGoogleの検索エンジンは、このような表示操作を目的としたSEO対策を見逃さず、サイトのクオリティを保ために、不定期に検索アルゴリズムと呼ばれる監視ロボットプログラムを更新し続けていると考えられているようです。サイト内のカテゴリーやコンテンツと言ったものがアップされているかと言ったチェックはもちろん、別サイトからのリンク数といったものを調べる他、表示順位を判断するベースデータやルールなどが約200通り以上設けられていると考えられているようです。もちろんこのようなアルゴリズムのベースといったものの情報は公開していないとされているが、SEO対策専門の会社は、日々の研究から得た予測によりアルゴリズムと闘っていると言えるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る