ライバルを意識したSEO を行う

  • 2020-4-13
  • ライバルを意識したSEO を行う はコメントを受け付けていません

内部対策、コンテンツ対策、外部対策を一通り施策した後は、ライバルサイトと比較しながらSEO を対策していきましょう。 ライバルと比較 しながらのSEO は、作業がメインになります。 ライバルを意識した内部対策は、ライバルたちが重要視しているキーワー ドの奪取にあります。ターゲット層がライバルと同じ場合は非常に重要な作業です。 コンテンツ対策は、ひたすらコンテンツのボリュームを増やす作業に徹します。ライバルサイトが全体で 100 ページあれば、それ以上のページ数を確保したいものです。ページ数は増えれば増えるほど、 SEOの効果が高まりま す。 外部対策も、サテライトサイトを量産し、質と 量でライバルたちを追い抜きます。人的、金銭的に余裕があれば、一気にサテライトサイトを量産することも可能ですが、予算内で収めるのであれば、ライバルサイトが持ってい る被リンクの質と 量を正確に分析する必要が出てきます。 特にコンテンツ対策と外部対策は、検索結果の順位に大きく 影響するので、 検索結果で 1位を達成するためには絶対に手を抜くわけにはいかない作業となります。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る