良いWEBづくりは企画が勝負

Webサイトで見られるホームページなどの作成の一般的な流れをご紹介します。大きく分けると企画立案→骨組みの決定(サイトマップやワイヤーフレームの作成と画面デザイン)→コーディング、そしてチェックが済むといよいよWeb公開となります。いずれのステップも重要なものですが、中でも特に大事なのだ企画の立案。ここで想定する閲覧者像を決めます。ある程度特定できればいいのですが、そうでない場合は事前に調査しておく必要もあるでしょう。更に作成するサイトの種類(コーポレートサイトなど)なども決めておきましょう。この段階で検討に必要となるデータがどれくらい揃っているかでホームページの完成度が決まると言っていいかもしれません。中途半端に開始すれば後戻りが出てしまい思わぬ時間を浪費しかねません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る