商戦とライバル店

ショッピングカートと街並み

WEBショップを出したいと考える事業主の皆さんにとって重要な取り組みといたしまして、競合相手を見極めるといった事前準備が取り上げあげられております。

皆さんにとっての競合相手とは、類似した商品を取り扱う店舗となるようにお考えになられるかもしれませんが、WEBショップ内やWEB広告におきましては、似通った業種やショップに限らずとも皆さんの競合相手とされる存在が競合相手とされるケースもあるようです。

ライバル店の存在は皆さんのコンバージョンを減少させる壁や障害として捉えがちではありますが、見方によってはライバルの存在から販促やプロモーション方法を学ぶことも多いとされています。

SEOやリスティング広告などはライバル店の存在があえて希薄な環境を商戦の場としたりすることで販売率を高めるプロモーションを行うこともあるようです。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る